“Mission with Spirit” 聖書を土台に、福音を宣べ伝え人に尽くす。

  • 三育学院カレッジの概要
  • コース概要・教員紹介
  • 学びとキャリアモデル
  • 学校生活について
  • 入学を志す方へ
  • 奨学金情報

専門学校三育学院カレッジ ホーム > 三育学院カレッジの概要

ミッションステートメント

 本校は、プロテスタント・キリスト教の精神、とりわけその潮流のもとにあるセブンスデー・アドベンチスト教団の理念と実践に基づく教育共同体である。そのめざすところは、聖書に示されている本来的人間すなわち霊性(spiritus)、知性(mens)、身体(corpus)の統合体としての人間の全体的な回復である。神をすべての価値の源として真理を探究し、自己と他者の尊厳を重んじ、より良い社会の形成をめざして、それに貢献し得る人物を育成することである。

教育目標

1)深い聖書理解に基づいて思考し行動する伝道者の育成
2)SDA信仰とその使命に生きるリーダーシップとビジョンに富んだ伝道者の育成
3)伝道・牧会そして教育における実践能力の優れた伝道者の育成
4)教会員と社会そして児童・生徒に対するコミュニケーション能力の高い伝道者の育成
5)グローバルコミュニティーであるSDA教会、教育機関における伝道者として英語でコミュニケーションできる人材の育成

■アドミッションポリシー(求めている学生像)

本学科は、セブンスデーアドベンチスト教団の神学教育機関として、同教団の牧師、伝道師、教師を養成するだけでなく、聖書の知識とアドベンチスト信仰を身につけ、教会の使命を担い、社会に貢献する信徒を育成することを目的としています。この目的のために以下の資質を備えている学生を求めます。

  • 1.聖書を学び、アドベンチスト信仰を深めることを求める人
  • 2.アドベンチストの使命である福音宣教を志す人
  • 3.聖書と向き合い自らを省み、謙虚に学ぶ姿勢を持つ人
  • 4.神と隣人に仕える奉仕の姿勢を持つ人
  • 5.将来の働きに備えるために、聖書のみならず幅広い教養を身につける意欲を持つ人
  • 6.アドベンチストのライフスタイルを受け入れ実践する心構えのある人

教団総理メッセージ

 「そして、御国のこの福音はあらゆる民への証しとして、全世界に宣べ伝えられる。それから、終わりが来る」
マタイによる福音書24章14節

 アドベンチスト教会の使命は、イエス・キリストの再臨直前の終末時代に、キリストの福音を全世界に宣べ伝えることです。この日本も例外ではありません。たとえ宣教困難と言われる国であっても、この日本に住む人々にも救いの福音は伝えられなければならないのです。
 いま日本人の心を知り、日本人の心に届く言葉で福音を説く牧師が求められています。聖書のみ言葉を日本語で深く思索し、日本人の魂を揺さぶる力ある日本の言葉で、しかも易しく福音の奥義を語る宣教者が求められています。聖霊に満たされ知恵に満ち評判の良い宣教者が求められています。その意味で日本教団は、新しく生まれ変わった三育学院カレッジ神学科に期待しています。ここから日本の終末の大収穫に貢献するキリストの使徒が輩出されると信じるからです。
 高き志のある若きアドベンチストが、この宣教の道に献身されることを心から歓迎し、期待しております。

画像:島田 真澄

セブンスデー・アドベンチスト教団
総理

島田 真澄

学校長メッセージ

 「雨も雪も、ひとたび天から降ればむなしく天に戻ることはない。それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ種蒔く人には種を与え食べる人には糧を与える。
 そのように、わたしの口から出るわたしの言葉もむなしくは、わたしのもとに戻らない。それはわたしの望むことを成し遂げわたしが与えた使命を必ず果たす。」

イザヤ書55章10-11節

 伝道は、神の言葉の力を経験し、使命の実現を目の当たりにする喜びに満ちた働きです。この力あるみ言葉を学び、伝道の働きに備えるために神学科は存在します。
 神学科には、アドベンチストの使命を共有し、伝道のビジョンを分かち合う仲間がいます。そのような学びの共同体での日々は、豊かであり祝福に満ちています。

 この世界は、神の言葉に、餓え乾いています。いのちのパンといのちの水を求めています。聖書を深く学び、人々の必要を知り、全世界に出て行って希望の福音を伝える神の働きにあなたもぜひ参加してください。

画像:東出 克己

三育学院カレッジ
校長

東出 克己

沿 革

1896(明治29)年
SDAの宣教活動開始。ウイリアム・C・グレンジャー宣教師来日。2年後、東京麻布に「芝和英聖書学校」開校。
1914(大正 3) 年
「日本伝道学校」設立。(東京都豊多摩郡杉並村字天沼171)
1919(大正 8) 年
東京荻窪に「天沼学院」開校。小学、中学、高等部を併設。
1926(大正15)年
千葉県袖ヶ浦市に男子部移転、名称を「日本三育学院」とする。天沼学院は「日本三育女学院」と改称。
1943(昭和18)年
キリスト教信仰のゆえに治安維持法違反の容疑で、特高警察により院長以下主要教員が検挙・連行。女学院ともに閉鎖。
1947(昭和22)年
日本三育学院再開、翌年、「財団法人日本三育学院」に改組し、「日本三育学院神学校」と称する。中学校・高等学校併設、1950(昭和25)年に小学校併設。東京衛生病院看護婦学校再開。
1951(昭和26)年
日本三育学院神学校は「学校法人三育学院」に変更。
1953(昭和28)年
「日本三育カレッジ」と改称。神学科、伝道科、教育学科、セクレタリー科を設置。
1971(昭和46)年
「三育学院短期大学」を開設し、英語学科の設置。
1974(昭和49)年
「東京衛生病院看護学院」をカレッジに移管し、「三育学院カレッジ看護学科」と名称変更。
1976(昭和51)年
専修学校発足に伴い、カレッジを「専門学校三育学院カレッジ」と改称。キリスト教学科(のち神学科に改称)、教育学科(のちキリスト教教育学科に改称)、医療専門課程看護学科の三科を設置。
1977(昭和52)年
中学校・高等学校は広島に移転、「広島三育学院」となる。
1978(昭和53)年
専門学校・短期大学は千葉県袖ヶ浦市より夷隅郡大多喜町久我原に移転、小学校は千葉県市原市に移転、「光風台三育小学校」となる。
1987(昭和62)年
カレッジをキリスト教学科とキリスト教教育学科に改編、看護学科は短期大学看護学科に改組転換。
2001(平成11)年
大河平記念校舎竣工。
2008(平成20)年
三育学院大学開学、看護学部看護学科を設置。
2015(平成26)年
カレッジを改組 キリスト教教育学科を神学科に併合。

このページの先頭へ