キリスト教教育

  • 三育学院大学の概要
  • 看護学部の学び
  • キリスト教教育
  • 入試情報
  • 納付金・奨学金情報
  • 寮生活(キャンパスライフ)
  • 学生生活を支える食事
  • キャンパス紹介
  • 社会貢献・地域交流
  • 資料請求・イベント参加申込
  • 良くあるご質問

三育学院大学 看護学部 ホーム > キリスト教教育 > チャプレンメッセージ

チャプレンメッセージ

看護の精神の土台はキリストの愛宗教部長・チャプレン 近藤光顕 Koken Kondo

 看護学実習の前に看護学生が宣誓する国際看護誓詞は、「私は看護の任務を忠実に果たすために、神と会衆の前に厳粛に誓います。」という言葉から始まります。この誓詞のもとになったナイチンゲール誓詞にも「神に誓う」という文言がありますが、この言葉は、看護の精神が聖書と聖書を土台とするキリスト教信仰と関連があることを暗示しています。本学のキリスト教教育を通して、看護の精神の源泉となっている聖書とキリスト教信仰を学ぶことにより、聖書が示す神の愛を土台とした価値観や倫理観を培います。また施設訪問や海外ボランティア等の様々な奉仕活動を通して、実践的に奉仕の精神を身につけます。

宗教部長・チャプレン 近藤光顕

このページの先頭へ